ナガマツ、2連覇ならず フクヒロに0―2で敗れる

お気に入りに登録

女子ダブルス決勝でプレーする永原(右)、松本組=町田市立総合体育館(代表撮影)


 バドミントンの全日本総合選手権最終日は27日、東京・町田市立総合体育館で各種目の決勝が行われ、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)にストレート負けを喫し、2連覇はならなかった。

 シングルスの男子は桃田賢斗(NTT東日本)が常山幹太(トナミ運輸)に2―1で逆転勝ちし、3年連続4度目の優勝。1月に海外遠征先で交通事故に巻き込まれて負傷した後、初の大会参加だった。

 女子は奥原希望(太陽ホールディングス)が山口茜(再春館製薬所)に2―1で勝って2年連続4度目の優勝を飾った。

 男子ダブルスは遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)が保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)を2―0で下して2年連続3度目の頂点に立った。

 混合ダブルスは渡辺、東野有紗組が金子祐樹、松友美佐紀組(ともに日本ユニシス)に快勝して4連覇を果たした。

女子ダブルス決勝で敗れ、連覇を逃して肩を落とす永原、松本組=東京・町田市立総合体育館

秋田の最新ニュース