自分たちに迷いが出た… 全日本バド、連覇逃したナガマツ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【女子ダブルス決勝・福島、広田組―永原、松本組】第1ゲーム、ドロップショットを放つ松本(左)。右手前は永原
【女子ダブルス決勝・福島、広田組―永原、松本組】第1ゲーム、ドロップショットを放つ松本(左)。右手前は永原

 大きな武器である強打を、巧みに返された。永原、松本組は、高度な受けの技術にペースを崩され、連覇を逃した。2人は「相手のレシーブが堅かった。自分たちに迷いが出て、相手の良さを引き出してしまった」と、そろって反省を口にした。

 第1ゲームは競り合ったが、10―10から7本続けてポイントを献上した。スマッシュやレシーブがネットに当たる場面が目立ち、永原は「攻めの形をつくらせてもらえなかった。対応されていた」と振り返った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 629 文字 / 残り 420 文字)

秋田の最新ニュース