本県でも豚熱ワクチン全頭接種へ、山形でイノシシ感染確認

会員向け記事
お気に入りに登録

 農林水産省は28日、豚熱(CSF)対策として、豚へのワクチン接種の対象になる推奨地域に秋田県を追加した。隣接する山形県内で捕獲された野生イノシシの豚熱感染が確認されたことを受けた措置で、接種推奨地域は28都府県に拡大した。本県では来月にも県内養豚場の飼育豚への接種を始める。山形県に近い本荘由利地域や湯沢雄勝地域から着手し、県内全頭には2~3カ月かかる。

 農林水産省や県によると、豚熱は豚やイノシシに感染する伝染病で、人には感染しない。感染豚の肉は市場に出回らず、仮に食べても人体に影響はない。ワクチンを接種された豚を食べても影響はない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 641 文字 / 残り 371 文字)

秋田の最新ニュース