八郎潟町の「一日市裸参り」、新型コロナ感染拡大受け中止に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「一日市裸参り」でみこしを担いで八郎潟町の商店街を駆ける参加者=2020年1月1日未明
「一日市裸参り」でみこしを担いで八郎潟町の商店街を駆ける参加者=2020年1月1日未明

 毎年、元日未明に行われる八郎潟町の正月行事「一日市裸参り」が、今月の新型コロナウイルス感染者の増加傾向を受け、2021年は中止することが28日、決まった。

 裸参りは100年以上続く伝統行事。腹帯に足袋、わらじを身に着けた男衆が、みこしを担いで町内を駆け巡り、神社などを参拝して家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する。今年1月の前回は県内外から10~40代の32人が参加した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 374 文字 / 残り 184 文字)

秋田の最新ニュース