ゆり支援とJPXがコラボ! 生徒手作りの秋田杉マグネット販売

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市の県立ゆり支援学校(髙橋譲校長、105人)高等部の生徒が地元の秋田杉で製作した「キューブ型マグネット」が、日本取引所グループ(JPX)のオリジナルグッズとして今月からインターネットで販売されている。学校は「多くの人に使ってもらいたい」とし、喜んでいる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 804 文字 / 残り 669 文字)

秋田の最新ニュース