子どもたちとの交流続けたい 施設入所者、小学校にリース贈る

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県三種町鹿渡の「グループホームことおか」は、入所者と職員が手作りしたリースを町教育委員会に贈った。町内の小学校児童と続けてきた交流がコロナ禍で中断されたため、町内の6小学校にリースを飾ってもらい子どもたちとのつながりを保とうと企画した。

鎌田教育長(中央)にリースを届けたグループホームことおかの入所者と職員

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 520 文字 / 残り 399 文字)

秋田の最新ニュース