秋田工3回戦進出、高校ラグビー 西陵(愛知第2)に圧勝

会員向け記事
お気に入りに登録

 ラグビーの全国高校大会第3日は30日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で2回戦16試合が行われ、秋田工は西陵(愛知第2)と対戦。計8トライを奪って48―0で圧勝した。

 2連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)が日本航空石川を37―0で下し、前回準優勝の御所実(奈良)は国学院栃木を12―5で退けた。来年1月1日に3回戦8試合が行われ、秋田工は午後0時50分から大阪朝鮮高(大阪第2)と戦う。

【秋田工―西陵】前半15分、秋田工のナンバー8土肥(中央)が力強い突破を見せる=花園ラグビー場第1グラウンド

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 446 文字 / 残り 256 文字)

全国高校ラグビーは100回を迎えました

秋田の最新ニュース