県内コロナ4人感染、計136人に 10~70代の男性

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は30日、10~70代の男性4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症か無症状。県内の感染者は計136人になった。

 県によると、能代保健所管内では男子中学生2人が感染。23日に感染が確認された中学生と同じ学校の生徒で、接触者として25日に受けたPCR検査では陰性だった。ところが28日にそれぞれ発熱や喉の痛みの症状が出たため、29日にあらためてPCR検査を受けた結果、陽性が判明した。2人とも30日に宿泊療養施設に入所した。

 また、首都圏在住で15日から横手保健所管内に帰省していた20代自営業男性の感染も確認。23日ごろから喉の痛みやせきの症状があり、29日までに症状が悪化し、嗅覚異常も生じたことから医療機関を受診。30日のPCR検査で陽性が判明し、感染症指定医療機関に入院した。

 秋田市の70代男性会社員は29日に陽性が判明。24~26日に首都圏に滞在していた。28日に倦怠(けんたい)感があり、深夜に発熱。熱は下がったものの痰(たん)の症状があり、30日に感染症指定医療機関に入院した。

秋田の最新ニュース