横手高・北林さんら最優秀賞 「秋田に戻る」決意、映像に

会員向け記事
お気に入りに登録

 本県へのUターンや移住をテーマに県内の高校生が作った映像作品のコンテストが行われ、横手高放送部1年の北林可奈子さん(15)らが作った「秋田に帰ろう。」が最優秀作品賞に選ばれた。地元を離れ東京で過ごしていた女性が、秋田に戻ろうと決意する姿を描いた。

脚本を手掛けた「秋田に帰ろう。」が最優秀作品賞に選ばれた北林さん


 優秀作品賞に佐々木春翔さん(由利高1年)らによる「黄昏の記憶」、後藤礼さん(横手高2年)らの「本当の魅力」、木村凜さん(同2年)らの「仕送り」の計3作が選ばれた。

 これら4作品は県が行う就職や移住に関するイベントで上映する予定。いずれも動画投稿サイト「ユーチューブ」で見ることができる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 478 文字 / 残り 210 文字)

最優秀作品賞の「秋田に帰ろう。」

秋田の最新ニュース