過密日程、熾烈な戦い… これがJ2の戦い方!

会員向け記事
お気に入りに登録

 ブラウブリッツ秋田が今年初めて参戦するJ2は、Jリーグ2部として1999年にスタートした。チームはJ1とJ3より多い22を数え、北は本県から南は沖縄県まで各地に点在している。過密日程で毎年熾烈(しれつ)な戦いが繰り広げられることから「過酷なリーグ」と評される。


 かつてJ1で戦ったことのあるクラブは山形、大宮、千葉、東京V、甲府、松本、新潟、磐田、京都、長崎の10を数える。JFLやJ3で秋田と対戦経験があり、先にJ2に昇格した群馬、金沢、山口、北九州などとの再戦も待っている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 2407 文字 / 残り 2167 文字)

秋田の最新ニュース