秋田工、重かった前半の19失点 展開ラグビーには手応えも

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田工―大阪朝鮮高】後半、秋田工のWTBナイバルワガ(中央)が突破を図る=花園ラグビー場
【秋田工―大阪朝鮮高】後半、秋田工のWTBナイバルワガ(中央)が突破を図る=花園ラグビー場

 前半の19失点が重くのしかかった。秋田工は後半に3トライを返したが、大阪朝鮮高の鋭いタックルに苦しみ、最後までリズムに乗ることができなかった。

 立ち上がりの10分でペースを握られた。接点の強い相手に対し「受け身になってしまった」と淡路直明監督。テンポの速い展開にも翻弄(ほんろう)されて攻め込まれ、3、8分に立て続けにトライを決められた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 615 文字 / 残り 445 文字)

秋田の最新ニュース