勝負の冬(8)バレー女子・秋田北 課題の守備に自信【動画】

有料会員向け記事
お気に入りに登録

[バレー女子・秋田北 3年連続5度目]


 昨年の全日本高校選手権(春高バレー)の長岡商(新潟)との1回戦で、エース野中瑠衣(現日立)に次ぐポイントゲッターとして勝利に貢献した両輪、長澤早紀(2年)と大柄美優(同)が今年もチームをけん引する。

 戸嶋幸子監督が「力強くなり、相手を見てプレーできる冷静さも出てきた」と成長を認める両レフト。県予選では、長澤が高い打点から広角に打ち分け、大柄がパワフルなスパイクを打ち込んだ。2人が持ち味を発揮し、3年連続の春高へ導いた。

3年連続の春高に向け、練習を重ねる秋田北の選手=秋田北高体育館


 心強い味方だが、互いにライバル心も抱く。「スパイクでチームを引っ張る。『自分がエース』というところを見せたい」と長澤が話せば、大柄も「(長澤に)負けないくらい点を取る」と気合十分だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1092 文字 / 残り 769 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース