県南、記録的大雪に悲鳴 各地の「いま」を写真で…

お気に入りに登録

 秋田県内は4日も県南部を中心に大雪に見舞われ、住民は一日の大半を雪かきに追われた。各地の「いま」を写真で伝える。

■湯沢市

民家の屋根からは雪庇(せっぴ)が大きく張り出していた=4日午後0時半ごろ、湯沢市大町





湯沢市田町の酒造会社では、今冬2度目の雪下ろしに社員が励んでいた。1度目に下ろした雪が屋根のすぐ下まで達していた=4日午後1時10分ごろ





湯沢市千石町の国道13号交差点。歩道が雪に埋もれ、車道を歩く人の姿も=4日午前11時40分ごろ





雪の壁ができた歩道を歩く人=4日午後0時半ごろ、湯沢市大町





■横手市

JR横手駅西口近くの交差点では、寄せられた雪が車道に高く積まれ、対面通行できない状態に。運転手は対向車が来ていないか確かめながら慎重に進んでいた=4日午後3時55分ごろ、横手市駅西1丁目





寄せられた雪で歩道の両脇には高い壁ができ、1人が通れるくらいの幅を市民がそろそろと歩いていた=4日午後2時ごろ、横手市駅西2丁目





中古車展示場では50台超がすっぽり雪に埋まり、従業員が朝から除雪に追われていた=4日午後2時半ごろ、横手市安田


秋田の最新ニュース