横手市、雪害で2人死亡16人重傷 建物被害状況なども発表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市役所(資料写真)
横手市役所(資料写真)

 秋田県横手市は4日、大雪による雪害の状況を発表した。3日までに亡くなった人は落雪と雪崩でそれぞれ1人ずつ。雪下ろし中の事故などによる重傷が16人、軽傷が20人、転倒によるけがが11人となっている。

 建物被害は住家の一部損壊3棟、非住家の全壊4棟、一部損壊1棟。農業被害は、農業用ハウスの全壊35棟、半壊1棟、作業小屋や畜舎などの全壊3棟。果樹被害の状況は今後調べる。倒木などによる停電も36件あった。

 4日現在、市道の通行止めは出羽グリーンロード(1月22日まで)、二井山上溝線の船沢集落―武道集落、みずほの里ロード、雄平フルーツライン(当面の間)。

秋田の最新ニュース