コロナ禍で東京一極集中に変化の兆し 本県も移住働き掛け

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人口の東京一極集中に変化が生じている。総務省の住民基本台帳人口移動報告によると、東京都の2020年1~11月の転入超過数は3万5773人で、前年同期の8万1439人の半分未満になった。コロナ禍は一極集中是正を大きく進める契機となるのか。

 20年1~11月の東京への転入者は前年同期に比べ、全国7ブロック全てで大幅に減少した。関東地方では東京から神奈川、千葉といった近県へ移り住む人が増え、7ブロックで唯一、東京との転出入超過が逆転した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 987 文字 / 残り 750 文字)

秋田の最新ニュース