「シルバーテツヤ」生みの親、母校で語る 自在な発想の極意とは…

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県八峰町で暮らす祖父を世界に知られるおじいちゃん「シルバーテツヤ」にしたCMプランナーのクドウナオヤさん(31)が、母校の能代高校(能代市)で講演した。「アイデアは、楽しく生きるための武器になる」。自在な発想の極意を後輩たちに伝えた。

アイデアの生み出し方について話すクドウさん

アイデア次第でもっと楽しくなる


 クドウさんは八峰町出身で、広告大手の電通に勤務。2019年、高級ブランドの洋服を実家の祖父に着てもらい、「シルバーテツヤ」と名付けてツイッターや写真共有アプリ・インスタグラムで写真を紹介すると、国内外から大きな反響があり、写真展の開催やフォトエッセーの出版につながった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1296 文字 / 残り 1024 文字)