大仙・循環バス、当面の間運休 「安全確保できない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
循環バスの運休を知らせる張り紙をする市職員
循環バスの運休を知らせる張り紙をする市職員

 秋田県大仙市は6日、市中心部で運行している循環バスを大雪のため当面の間運休すると発表した。バスの安全と定時運行を確保できないためとしている。

 市によると、バスが通過する市中心部は、除排雪が追い付かず道幅が狭くなるなどし、他の車両とすれ違うのが困難な状態が続いている。このため、市は同日、運行を委託している羽後交通と協議し、当面の運休を決定。市職員が各バス停を回って張り紙をしたほか、市の公式サイトなどを通じて周知した。

 市まちづくり課は「市民の皆さまにご迷惑をお掛けして申し訳ない。安全に利用してもらえるよう、速やかに除排雪作業を進めていくので、ご理解とご協力をお願いしたい」としている。

 再開のめどが立ち次第、公式サイトなどで周知する予定。問い合わせは市まちづくり課TEL0187・63・1111

秋田の最新ニュース