爆弾低気圧で暴風雪に警戒を 落雪危険、外出控えて!

お気に入りに登録

 秋田県内は7日、爆弾低気圧が通過し、暴風雪となる見込み。8日にかけて警報級の大雪となる可能性があり、国土交通省と気象庁は不要不急の外出を控えるよう呼び掛けている。県内陸南部の記録的な大雪を受け、県は6日、陸上自衛隊に湯沢市と羽後町への災害派遣を要請した。


 秋田地方気象台によると、7日夕から8日にかけて低気圧が急速に発達しながら北日本を通過し、その後に冬型の気圧配置が強まる見込み。沿岸を中心に、雪を伴った西よりの風が非常に強く吹き、海上は大しけとなる。7日に予想される最大瞬間風速は沿岸海上40メートル、沿岸陸上35メートル、内陸30メートル。

 8日午後6時までに予想される24時間降雪量は多い所で山沿い50~70センチ、平野部30~50センチ。気象台は、暴風雪による建物被害や交通障害に注意するよう呼び掛けている。

 東北電力ネットワーク秋田支社は、暴風雪による倒木で電線が断線する可能性があるとし、感電事故を防ぐため切れた電線に触らないよう求めている。

 航空各社によると、秋田、大館能代両空港を7日に発着予定の航空便は、荒天の見込みを受けて全て欠航する。

 陸自は県の要請を受け、7日から湯沢と羽後の両市町で秋田駐屯地の隊員が除排雪作業を行う予定。

 国土交通省秋田河川国道事務所は6日、横手市の県平鹿地域振興局に職員2人を派遣した。東北地方整備局との連絡調整を担い、期間は未定。5日には車道用と歩道用のロータリー除雪車各1台を派遣している。

落雪危険、外出控えて 命守るための行動を


 記録的な大雪で既に複数の死者が出ている中、爆弾低気圧が秋田県内に迫っている。秋田地方気象台や県は、屋根からの落雪、建物被害、雪崩などによる新たな被害が起きる可能性を指摘している。自身と、大切な人の命を守るための徹底した行動が求められる。

 この冬は、屋根からの落雪による死亡事故が相次いでいる。


 県内陸南部を中心に、屋根の上には相当な重さの雪が積もっている。1人で雪寄せなどをしていて落雪に巻き込まれれば自力で抜け出すのは困難で、死に直結する。軒下は極めて危険な空間であり、不用意に近づくべきではない。

 雪寄せや雪下ろしは2人以上での作業が鉄則。やむを得ず1人で行う場合も、家族や近所に前もって声を掛けておけば、いち早く事故に気付いてもらえる可能性が高まる。

 雪崩に巻き込まれて命を落とした事例も既に起きている。荒天が続く間、不要不急の外出は控えるべきだ。

秋田の最新ニュース