年末年始の新幹線こまち、利用者大幅減 開業以来最少に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田新幹線「こまち」(資料写真)
秋田新幹線「こまち」(資料写真)

 年末年始の秋田県内交通機関の利用状況が6日、まとまった。秋田新幹線こまちの利用者は過去最少で、空路や高速道路の利用者も大幅に減った。新型コロナウイルスの感染拡大で旅行や帰省を控える動きが広がったことが影響したとみられる。

 JR秋田支社によると、昨年12月25日から1月5日までのこまちの乗客は約3万6700人。前年同期を65%(約6万8600人)下回り、1997年の開業以来最も少なかった。2日は県内の大雪の影響でこまちの上下計2本が運休、区間運休した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 711 文字 / 残り 483 文字)

秋田の最新ニュース