城南中、U15全国大会の初代王者に 2選手が大会ベスト5

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
初代王者に輝いた城南中(JBA提供)
初代王者に輝いた城南中(JBA提供)

 バスケットボールのJr.ウインターカップ2020年度第1回全国U15バスケットボール選手権大会最終日は7日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで決勝を行い、男子は秋田県代表の城南中がNLG INFINITY(群馬)を91―70で下し初代王者となった。大会ベスト5には城南中から、決勝で31得点、11リバウンドを記録した小川瑛次郎(3年)、ミドルシュートを中心に20得点をマークした佐々木陸(同)が選ばれた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 524 文字 / 残り 316 文字)

秋田の最新ニュース