県内大荒れ、八森、能代など最大瞬間風速が観測史上最大

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
電光掲示板に大雪への注意喚起が表示された湯沢市関口の国道13号=7日午後2時50分ごろ
電光掲示板に大雪への注意喚起が表示された湯沢市関口の国道13号=7日午後2時50分ごろ

 秋田県内は7日、急速に発達した低気圧の影響で大荒れとなり、暴風と大雪に見舞われた。八峰町八森では午後8時9分に最大瞬間風速42・4メートルを記録し、観測史上最大となった。秋田市や能代市などで約4万戸が停電している(午後9時時点)。8日にかけて暴風雪が続く見込みで、秋田地方気象台が警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、最大瞬間風速は能代市35・3メートル、大潟村33・4メートル、湯沢市湯の岱26・6メートルでいずれも過去最大となった。

 県総合防災課によると、午後9時までに秋田、男鹿、由利本荘、潟上の4市で建物の屋根や外壁がはがれるなどの被害が19件報告されている。その後も沿岸を中心に多数の被害が出ている。

 にかほ市と羽後町、東成瀬村は避難所を設置した。

 JR秋田支社によると午後8時現在、暴風雪の影響で秋田新幹線こまち上下4本が運休、区間運休したほか、奥羽、羽越、花輪、五能、男鹿、北上各線の上下計147本が運休、区間運休した。8日は奥羽線の新庄―横手間、北上線の北上―横手間、花輪線の好摩―大館間で終日運転を見合わせる。

 全日空は8日、大館能代空港の全発着便と、午前中の秋田空港発着4便を欠航にする。

 気象台によると、8日は冬型の気圧配置が強まり、降雪が増える見込み。予想よりも雪雲が発達して降り続いた場合、警報級の大雪となる可能性がある。暴風雪による建物被害、猛吹雪による交通障害などに注意するよう呼び掛けている。

 8日午後6時までに予想される24時間降雪量は多いところで山沿い60センチ、平野部40センチ。予想される最大瞬間風速は沿岸陸上35メートル、内陸30メートル。9日以降は冬型の気圧配置が弱まるものの、引き続き雪の降りやすい日が続くとみられる。

 7日午後8時現在の積雪は横手市155センチ、湯沢市140センチ、由利本荘市矢島122センチ、鹿角市62センチなど。大仙市が独自に観測している同市大曲の積雪は126センチ(午前8時半時点)となっている。

秋田の最新ニュース