アルヴェで「泣く子はいねぇが」上映 佐藤快磨監督作品

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市出身の佐藤快磨(たくま)監督(31)が手掛けた映画「泣く子はいねぇが」が8日から、同市の秋田拠点センター・アルヴェ内の映画館「AL☆VEシアター」で上映される。

 本県を舞台に、大人になり切れない青年の苦悩や成長を描いており、民俗行事「男鹿のナマハゲ」が物語の鍵となる。佐藤監督は「傷を背負いながら、何とか父親になろうともがく男の姿を撮りたかった」と話している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 354 文字 / 残り 170 文字)

イベントニュース