コロナ下のスタート(1)新店舗開店 河辺ドライブイン店主・曽我雅也さん

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年に2号店を設けた河辺ドライブイン店主の曽我さん
昨年に2号店を設けた河辺ドライブイン店主の曽我さん

 新型コロナウイルスの感染拡大で昨年は多くの活動が制限された。そんな中、開店、退職、結婚、進学、移住と、新たなスタートを切った人たちがいる。一歩を踏み出した今の思いや抱負を聞いた。5回続き。

 ◇  ◇

 ボリュームのある定食が人気を集めている秋田市河辺の河辺ドライブイン(愛称・河ドラ)。店主の曽我雅也さん(44)は昨年5月、2号店となる「追分店」を下新城にオープンさせた。

 店では感染防止対策として席の間隔を空け、ついたてを設置。従業員はマスクを着用して接客し、来店客と近況を語り合うなどしている。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 749 文字 / 残り 500 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース