真冬の大停電、なぜ起こったのか 想定外の強風、断線相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7日から8日にかけ、県内約6万7千戸が停電した=8日未明、秋田市・大森山から撮影
7日から8日にかけ、県内約6万7千戸が停電した=8日未明、秋田市・大森山から撮影

 7日からの暴風雪で、秋田県内は秋田市や八峰町など沿岸部を中心に14市町村で延べ約6万7千戸が停電した。8日午前11時20分現在、9市町村の約4万600戸で停電が続いている。内訳は秋田市約2万6200戸、八峰町約4500戸、能代市約3400戸など。

 東北電力ネットワーク秋田支社によると、今回の停電は電線の切断によるものが最多とみられる。強風のほか、倒木やトタン屋根などの飛来物により各地で断線。同社の広報担当者は「想定以上の強風により、広い範囲で断線してしまった」とする。

 県外からの応援隊も動員し復旧作業を進めているが、断線範囲が広く、改修が必要な場所の特定と点検に時間がかかっているという。

 感電事故を防ぐため、同社は切れた電線に近づいたり、触れたりしないよう呼び掛けている。

 東北電力管内の他県でも停電が相次ぎ、7日午後11時半時点では新潟県が約3万9600戸、青森県約3900戸、岩手県約1300戸、山形県約1100戸、福島県約20戸だった。8日午前11時20分現在ではほとんどが復旧し、新潟県で約700戸を残すだけとなっており、秋田県内の復旧の遅れが顕著となっている。

秋田の最新ニュース