「県民気質、J2でどう発揮」村井チェアマンが見たブラウブリッツは…

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンラインでインタビューに答える村井チェアマン
オンラインでインタビューに答える村井チェアマン

 ブラウブリッツ秋田が参入するサッカーJ2は2月27日に開幕する。Jリーグの村井満チェアマン(61)がオンラインで取材に応じ、J2の特徴や秋田への期待などを聞いた。

 ―昨季J3を制した秋田の戦いぶりをどう見たか。

 「秋田の岩瀬浩介社長に、かねて『どんなサッカーを掲げるのか』と尋ねてきた。答えは『冬は雪に閉ざされ大変厳しい。暮らす人々のように耐える時は我慢し、短い夏に行われる祭りのように一気呵成(かせい)に攻め上がる』。優勝決定まで無敗と非常に手堅く、好機では両サイドを一気に駆け上がるなど、攻守にめりはりがあった。秋田県民の気質をサッカーで表現すると、こんな感じだろうなと思わせる試合展開だった」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1443 文字 / 残り 1143 文字)

秋田の最新ニュース