豚熱ワクチン接種、本荘由利地域から18日にも開始

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
豚熱ワクチン接種への対応を確認した関係者連絡会議=秋田市の県市町村会館
豚熱ワクチン接種への対応を確認した関係者連絡会議=秋田市の県市町村会館

 秋田県が豚熱(CSF)のワクチン接種推奨地域に指定されたことを受け、県は18日にも本荘由利地域からワクチン接種を開始し、2~3カ月かけて県内全養豚場で実施する。県が8日の関係者連絡会議で明らかにした。

 山形県内で野生イノシシの豚熱感染が確認され、農林水産省は先月28日に本県をワクチン接種推奨地域に追加した。接種は山形に近い地域から始め、県南内陸部、県中央部、県北内陸部、県北沿岸部の順で進める。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 523 文字 / 残り 324 文字)

秋田の最新ニュース