阪神・石井(秋田高専出)1軍キャンプに 即戦力候補と期待

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
阪神の新人合同自主トレで笑顔を見せる佐藤輝(8)ら新人選手=鳴尾浜球場
阪神の新人合同自主トレで笑顔を見せる佐藤輝(8)ら新人選手=鳴尾浜球場

 阪神は9日、キャンプ日程を発表した。2月1日から1軍は沖縄県宜野座村、2軍は高知県安芸市で3月1日まで実施する。休養日は5、10、15、19、24日。

 兵庫県西宮市内で行ったスタッフ会議で、矢野監督は新人のうちドラフト7位の高寺(長野・上田西高)、育成1位の岩田将(九産大)を除く7選手を1軍メンバーに加える方針を示した。「すぐに競争の中に入っていける選手たちということで取った」と1位の佐藤輝、8位の石井大智(高知ファイティングドッグス、秋田高専出)らを即戦力候補と期待。早い時期から実戦形式の練習を組み入れ、練習試合も9日の日本ハム戦から始まる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 694 文字 / 残り 418 文字)

秋田の最新ニュース