タクシーに配車注文殺到 秋田市路線バス運休で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
電話応対に追われるあさひ自動車配車センターの従業員
電話応対に追われるあさひ自動車配車センターの従業員

 大雪で秋田市の路線バスが2日連続の運休となった10日、市内のタクシー会社には配車注文が殺到している。

 あさひタクシーでは、普段の倍ほどの問い合わせが前日から続き、10日午前も電話が鳴り止まない状況だという。

 キングタクシーも同様。担当者によると「バスが運休しているため交通手段が無い。時間がかかってもどうしても来てほしい」と話す客もいるという。


知らずにバス停で待つ人も…

 秋田市内では10日、前日に続き、秋田中央交通の路線バスが運行休止になった。市内のバス停では運休を知らず、バスを待ち続ける人の姿も見られた。

 午前9時半ごろ、秋田市役所前のバス停留所では、男女4人がバスを待っていた。運休を伝えると、「えっ。知らなかった」と驚いた様子。停留所内には、運休を告知するポスターなどはなかった。

 同市山王の80代女性は、JR秋田駅近くのデパートで1週間分の食料を買いだめする予定だったという。「もう食べ物が底をつきそう。タクシーで行くしかない」とため息をついた。

 近くに住む40代女性は「駅で電車に乗る予定だったが、予定が狂ってしまった。(バスの運休が)しっかり周知されているのだろうか」と話した。

秋田の最新ニュース