サル、とうとう捕まる 年明けから度々出没、大仙市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大仙市大曲西根で保護されたサル
大仙市大曲西根で保護されたサル

 秋田県大仙市大曲でサルが保護され、10日に県鳥獣保護センター(五城目町)へ引き渡された。今年に入り市内で相次いで目撃された個体とみられる。

 市農林整備課によると、9日午後3時ごろ、同市大曲西根の企業の倉庫にサルがいると市民から連絡があり、職員と大仙署員が駆け付けた。サルは逃げ回ったが、5時半ごろ、電柱にしがみついているところを職員がたも網をかぶせて捕まえた。足をけがしており、暴れたり攻撃したりすることはなかったという。

 県仙北地域振興局森づくり推進課を通じ、10日に県鳥獣保護センターが引き取った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 369 文字 / 残り 117 文字)

秋田の最新ニュース