県、災害派遣の自衛隊に撤収要請 5日間、450人が除排雪

お気に入りに登録

 秋田県は10日、県内陸南部を中心とした記録的大雪を受け、横手市、湯沢市、羽後町、東成瀬村の4市町村に災害派遣された陸上自衛隊に撤収を要請したと発表した。

 県によると、災害派遣の要請は5日。陸自秋田駐屯地の第21普通科連隊と陸自弘前駐屯地の第39普通科連隊の隊員約450人が投入され、6日から10日まで5日間活動した。期間中は、倒壊の恐れがある高齢者世帯などの家屋125軒と、小中学校校舎などの雪下ろしや除排雪を行った。

秋田の最新ニュース