秋田市出身・佐々木新平が常任指揮者に就任 ヤマハ吹奏楽団

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヤマハ吹奏楽団の常任指揮者に就任した佐々木新平
ヤマハ吹奏楽団の常任指揮者に就任した佐々木新平

 秋田市出身のプロ指揮者・佐々木新平(38)が、ヤマハ吹奏楽団=浜松市=の常任指揮者に今月1日付で就任した。同楽団6代目の常任指揮者となった佐々木は「優れた演奏能力と発信力を持つ吹奏楽団で、責任ある立場に選んでいただき光栄に思う」と話した。

 1982年生まれの佐々木は、秋田南高校卒業後、東京学芸大の音楽専攻を経て桐朋学園大で指揮を学んだ。国内外で研さんを積み、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団など、数多くのオーケストラの指揮を務めてきた。

 ヤマハとグループ会社の従業員で構成するヤマハ吹奏楽団は、61年の創立以来、全日本吹奏楽コンクールで計34回金賞を獲得するなど、アマチュアバンドとして国内屈指の実績を誇る。楽器の製造に携わる団員も多い。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 560 文字 / 残り 236 文字)

秋田の最新ニュース