ハピネッツの公式アプリ運用開始 試合情報、限定動画を提供

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンラインイベントでゲームをする選手たち
オンラインイベントでゲームをする選手たち

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツは、スマートフォン用のクラブ公式アプリの運用を始めた。新型コロナウイルス禍で現地観戦が難しいブースターやファンクラブ会員にさまざまな楽しみ方を提供したい考えだ。10日にはアプリの運用を記念し、選手が参加したオンラインイベントを行いアプリをPRした。

 アプリはエスツー(秋田市)が開発し、昨年12月下旬から運用を開始した。ダウンロードは無料。公式ホームページの内容をスマートフォンでより見やすくした。チケットやグッズの購入が可能なほか、試合のハイライト動画の視聴、昨季までは来場者に限られていたファンクラブ(クラブハピネッツ)会員対象の抽選もアプリから参加できる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 607 文字 / 残り 293 文字)

秋田の最新ニュース