秋田市の路線バス、一部再開 除雪状況に応じ、順次運行

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田中央交通は11日、大雪の影響で9日から運休していた秋田市の路線バスのうち、13路線の運行を再開した。今後は除雪状況に応じて再開路線を増やす予定。11日は高速バスも全3路線を再開した。最新の運行状況は同社ホームページで確認できる。

 再開したのは路線バスが▽中心市街地循環バス「ぐるる」▽中央交通線▽臨海営業所線▽県立プール線▽セリオン線▽泉ハイタウン線▽将軍野線(市民生協)▽赤沼線▽手形山経由大学病院線▽広面御所野線▽五城目線▽新国道土崎線▽追分線―の13路線。高速バスは秋田―仙台、秋田―湯沢、秋田―能代が再開した。

 秋田空港リムジンバスは通常通り運行した。