社説:元農相強制捜査 癒着の構図、徹底解明を

お気に入りに登録

 鶏卵生産業者から現金を受け取ったとされる吉川貴盛元農相の疑惑は、刑事事件に発展した。東京地検特捜部が昨年末、収賄容疑などで衆院議員会館や札幌市の自宅を家宅捜索した。

 吉川氏は強制捜査を前に、健康状態を理由に衆院議員を辞職した。任意聴取に対して現金受け取りを認めたが、賄賂性は否定している。業者は業界に有利な政策を実現してもらうため、現金を渡したとみられる。

 農相は農林水産省の職務全般に権限がある。それほど大きな力を持つ人間が現金を受け取り、業界を利するために政策を左右した疑いがあるということだ。問題の本質は農政を巡る癒着の構図にあり、疑惑を徹底的に解明しなければならない。

 「政治とカネ」を巡る問題が相次ぐ中、捜査中を理由に政府、国会が手をこまねいていることは許されない。政治への信頼を回復するため、主体的に事実関係を調査すべきだ。

 吉川氏は農相だった2018年10月~19年9月、3回にわたって現金計500万円を受け取った疑いがある。渡したのは鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県)グループの元代表。授受現場の一つは大臣室とみられ、その大胆さに驚かされる。

 背景にあったのは鶏卵業界を巡る政策変更の可能性だ。国際的な飼育基準作りを担当する国際機関が、営巣区域や止まり木の設置義務化案を提示。義務化はコスト増となるため、ケージ(鳥かご)飼いが一般的な日本の業界は猛反発していた。

 現金授受はまさにこうした状況下で行われた。元代表は業界の先頭に立って吉川氏らに面会し反論を要請。農水省は実際に反論のコメントを出し、義務化は結果的に見送られた。

 元代表による現金の提供はこれだけにとどまらない。吉川氏の農相就任前と退任後も、計1300万円の現金を渡した疑いがある。鶏卵価格下落時の生産者支援事業についても、拡充などを要望していたようだ。

 元代表は農水省幹部らにも頻繁に面会していた。単なる要望や相談にとどまっていたのかどうか、疑惑は募るばかりだ。

 菅内閣で内閣官房参与に再任された西川公也元農相にも、現金受領疑惑がある。18年以降、アキタ社側から数百万円を受け取ったとみられる。農水族議員の重鎮であり、元代表が働き掛けていたようだ。西川氏は同社の豪華クルーザーで元農水官僚らと接待も受けており、癒着ぶりにはあきれるばかりだ。

 吉川氏は菅義偉首相に近いことでも知られる。自民党総裁選では菅陣営の選対事務局長を務め、菅総裁下の党で要職の選対委員長代行に起用された。だが疑惑発覚後、党などの全役職を辞任。西川氏も参与を辞めた。

 18日に通常国会が召集される。国会が真相解明に力を尽くすのは当然だ。菅首相も党総裁として、任命権者として事実関係を明らかにする責務がある。

秋田の最新ニュース