北斗星(1月12日付)

お気に入りに登録

 秋田市の雪は昨日ようやく一段落し、時折のぞく青空と日の光がありがたかった。酷使した雪べらが壊れて買い替えようとしたところ、訪れたホームセンターはいずれも完売。同様に途方に暮れる客も見掛けた

▼買い物途中、ほろに「災害派遣」と掲示した陸上自衛隊秋田駐屯地のトラックの車列と擦れ違った。県内陸南部の記録的大雪を受けて横手市や湯沢市、羽後町、東成瀬村での除排雪の活動を終えた隊員らだ。感謝の念に堪えない

▼横手市の積雪は昨日午前193センチに達し、観測記録のある1979年以降では最大を記録。さらに支援が必要な状況かもしれない。秋田市の積雪は昨日午後3時時点で43センチ。同市としてはかなり多い方だとはいえ、道路網が一時ズタズタになったのは雪に対するもろさの表れといえよう

▼寒波襲来で国や自治体トップから「不要不急の外出を控えて」との呼び掛けがあった。新型コロナウイルスの感染防止でも繰り返されている言葉だが、都会で繁華街の人出が減らないのとはわけが違う。大雪や暴風の折、好きこのんで出歩く人はいない

▼老父母の住む実家へ除雪のため通った知人がいた。仕事や生活のために出掛けた人もいる。むろんこれらは不要不急には当たらない。ただ北陸などで車の立ち往生が起きた例もある。運転は慎重の上にも慎重に

▼寒気はいったん緩むとみられる。しかし気温が上昇すれば今度は雪崩や屋根からの落雪の恐れも。雪の事故にはなお注意が必要だ。