停電しても営業します! 北浦の「うきた商店」に感謝の声

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 7日から8日にかけての暴風雪により秋田県内沿岸部で停電が相次ぐ中、男鹿市北浦北浦で食料品や生活用品などを扱う「北浦うきた商店」は買い物客のニーズに応えようと電気の通じない状況で店を開いた。食料品などを購入した客からは感謝する声が聞かれた。

停電中も営業した北浦うきた商店のオーナー浮田さん(右)と、仕入れなどを担当する妻秀美さん


 前日夜からの停電が続く8日午前7時、同店はいつも通り開店。入り口に「営業中」と手書きの張り紙を掲げ、動かない自動ドアは開けっ放しにした。

 浮田さんは「喜んでくれる人がいてよかった。これからも地域のために頑張っていきたい」と力を込めた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 790 文字 / 残り 552 文字)

秋田の最新ニュース