時代を語る・進藤義声(5)新聞配達で学費稼ぐ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今もたまに自転車で出掛ける。初めて買った自転車から何台目だろうか
今もたまに自転車で出掛ける。初めて買った自転車から何台目だろうか

 高校時代は新聞配達をして学費を稼いだ。自分の自転車なんか持っていないから、下北手の自宅から今の秋田市大町の販売所まで歩いて、販売所の自転車を借りて配達する。そんな毎日だった。昭和30(1955)年に高校を卒業してからも2年ほど新聞配達を続けた。

 配達を始めて何年目だったかな、今の秋田南中(秋田市南通)の近くに自転車屋があってそこにも配達していたんだけど、ある日、そこの店主に「あんちゃん、その自転車、誰のや」て尋ねられた。だいぶ使い込んでいたから目に留まったのかもしれない。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 716 文字 / 残り 477 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース