「錦見の滝」に氷の造形 鹿角市【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
今冬の厳しい冷え込みで、一部が凍った「錦見の滝」
今冬の厳しい冷え込みで、一部が凍った「錦見の滝」

 滝の名所が点在する秋田県鹿角市十和田大湯地区で、「錦見(にしきみ)の滝」が今冬の厳しい冷え込みにより一部が凍り付き、氷の造形を作り出している。

 錦見の滝は、同地区の「中滝ふるさと学舎」から北東に1キロほど。落差は約11メートルで、昨年12月下旬ごろから凍り出したという。凍結は2月中旬まで見られそう。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 270 文字 / 残り 119 文字)

秋田の最新ニュース