新加入13選手決意 「J2残留成し遂げる」BB秋田発表会

会員向け記事
お気に入りに登録

 サッカーJ2に参入するブラウブリッツ秋田は13日、秋田市文化会館で2021年シーズンの新体制と決意を発表した。岩瀬浩介社長は目標に「J2残留」を掲げ「残ることはJ2定着を意味する。必ず成し遂げたい」と力を込めた。スローガンは厳しいリーグ戦を県民と一体となって戦い抜く覚悟を込めて「秋田一体」とした。

新体制発表会に臨んだ新加入の選手たち


 新加入13選手と岩瀬浩介社長、吉田謙監督が出席。吉田監督は「チームが勝つためにひた向きに走る素晴らしい選手が集まった」と紹介した。13選手はGKの新井栄聡、長谷川凌、安田祐生(秋田市出身)、DFの下坂晃城、高瀬優孝、増田繁人、MFの國分将、普光院誠、稲葉修土、FWの才藤龍治、武颯、吉田伊吹、半田航也(潟上市出身)で一人一人が意気込みを披露した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 571 文字 / 残り 247 文字)