「今の集大成となった」 映画「ヤクザと―」の綾野

お気に入りに登録

 アウトローとしての生き方を選んだ男を家族の視点から描いた映画「ヤクザと家族 The Family」(29日公開)の完成報告イベントが東京都内で開かれ、主演を務めた俳優の綾野剛と舘ひろしらが登場した。綾野は「僕にとって今の集大成となった」と出来栄えに自信をのぞかせた。

 主人公の山本(綾野)は荒れた少年期に地元の親分(舘)から手を差し伸べられ、極道の世界に入る。やがて暴力団対策法の施行などで状況が一変。元ヤクザの経歴ゆえ、かけがえのないものを失っていく。

 司会者から作品について「一言で表すとしたら何?」と尋ねられると、舘は「愛」を挙げ、「ヤクザがテーマですが、愛がいっぱいあふれています」とにこり。綾野も「愛」と回答。打ち合わせもなく、偶然、同じ答えとなったことに舘が「愛し合ってますから」と言うと、綾野が「聞きました? うれしいですね」と大喜びした。

 綾野と初共演した舘は「綾野君が全体を引っ張っていった感じがする。演じるというより、役を“生きた”印象を受けました」と絶賛した。

 首都圏に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が再発令され、イベントは無観客で実施。この時期の公開となることへの思いを問われた綾野は「どんなときも『エンターテインメントというものは不屈で、不要ではない』ということを届けていくべきだと思う」と力を込めた。

 イベントには、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、藤井道人監督も登場した。