防護服とマスク量産へ 大仙市の誘致企業、コロナ需要対応

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
防護服やマスクを量産する予定のアゼアスデザインセンター秋田
防護服やマスクを量産する予定のアゼアスデザインセンター秋田

 防護服製造販売のアゼアス(東京)は、2022年5月にも秋田県大仙市戸地谷のアゼアスデザインセンター秋田で、感染症対策などに用いる防護服やマスクの量産を始める。新型コロナウイルスの流行による需要拡大を受けて乗り出す。工場増設や設備の導入など投資額は約6億3千万円に上る見込み。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 491 文字 / 残り 353 文字)

同じジャンルのニュース