おいしい出合い:「自然栽培カフェココト」お豆の薬膳カレーランチ 豆の甘みほんのりと

有料会員向け記事
お気に入りに登録
ハーブをふんだんに使った「お豆の薬膳カレーランチ」
ハーブをふんだんに使った「お豆の薬膳カレーランチ」

 薬用効果のあるハーブを使ったお茶や食事を提供する「自然栽培カフェCocoto(ココト)」は、大仙市の大曲中学校近くの住宅街にあり、隠れ家のような雰囲気を醸し出している。人気メニューの一つが「お豆の薬膳カレーランチ」(1100円)。お客さんの体を思いやる、店主・戸嶋貴美子さん(38)のこだわりが詰まった一品だ。

 ハーブや季節によって異なる豆、枝豆のおから、20種類ものスパイスを煮て作るカレーは、豆の甘みがほんのりと感じられるまろやかさが特徴。雑穀米入りのご飯を炊いたり、カレーを煮込んだりする際にハーブティーを使用している。ハーブで漬けたいぶりがっこなど豊富な付け合わせも楽しめる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 753 文字 / 残り 460 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース