動物専門員、飼育技術や継承に本腰 大森山、4人が奮闘

有料会員向け記事
お気に入りに登録

ペンギンに餌を与える阿比留さん


 「動物専門員」という新たな役職が2020年度、秋田市のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)に誕生した。31人いる飼育員のうち4人が動物専門員として働き、担当動物の飼育のほか、園全体の動物への目配りや飼育技術の継承に取り組んでいく。

 動物専門員は一般の飼育員と業務内容に差はないが、人事異動の可能性がある一般飼育員と違い、原則として異動がない。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1061 文字 / 残り 889 文字)

秋田の最新ニュース