生田斗真&菊池風磨、初共演で息ピッタリ「よくできた後輩」「よく言われます(笑)」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オシドラサタデー『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』制作発表リモート会見に出席した(左から)菊池風磨、生田斗真、吉瀬美智子、福田靖(C)テレビ朝日
オシドラサタデー『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』制作発表リモート会見に出席した(左から)菊池風磨、生田斗真、吉瀬美智子、福田靖(C)テレビ朝日

 テレビ朝日の新たなドラマ枠「オシドラサタデー」(毎週土曜 後11:30~深0:00)最初の作品となる『書けないッ!? ~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~』が同局系列で16日にスタートする。初回1時間スペシャル(後11:00~深0:00)の放送に先駆け13日、リモート制作発表会見が行われ、主演の生田斗真をはじめ、吉瀬美智子、菊池風磨(Sexy Zone)、本作に自身や家族とのエピソードを投影した脚本家・福田靖氏が出席し、作品にかける思いや和気あいあいとした撮影現場での様子を語った。

【写真】生田斗真とプライベートでも仲良し!スター俳優役で出演する岡田将生

 本作は、細々と執筆を続けながら家事を担う脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田)に、ゴールデンタイムの連続ドラマの執筆という大仕事が舞い込んだことで巻き起こる騒動と、彼を見守るベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬)ら家族の絆を描くマイ・ホームコメディー。

 生田は「初回は1時間スペシャルなんですが、2話以降は30分と気軽に見やすい、内容もわかりやすい、面白い、と3拍子揃ったドラマです」と自信をのぞかせる中、会見はスタート。今回、売れない脚本家と人気小説家という凸凹夫婦を演じる生田&吉瀬だが、「現実にはドラマとは逆で、私より斗真くんの方がしっかりしている」と吉瀬。撮影の合間には、「なぞなぞの本を買ってきて(息子の)空くん(潤浩)らみんなで遊んだり、本当にいいお父さんでした」と、生田の現場での様子を明かした。

 すると、生田が「吉瀬さんは…本当になぞなぞができないんです。ようやく弱点を見つけました(笑)!」と暴露。すかさず菊池が「本番中もなぞなぞの答えを考えてらっしゃいましたよね(笑)!?」とたたみ掛けるなど、吉瀬のお茶目な一面も明らかになった。

 さらに、台本を読んでから、福田氏と初対面した際の印象を語り始めた吉瀬が、イメージのギャップを上手く説明できずアタフタするひと幕も。それを見て生田は、「吉瀬さんの弱点はなぞなぞとリモート会見だ(笑)」とツッコんでいた。

 吉丸家に入り浸る家庭教師・仙川俊也を演じる菊池は、生田と共演するのは今回が初めて。「最初はとても緊張して何を話せばいいかわからず固まっていました」という菊池だったが、「今度家に遊び行かせてください!」と突然おねだり。生田から「それは本当にごめんなさい!」とあっさり拒否されるも、「これはもう少し押せば行けますね!」とニヤリ。

 また、「斗真くんはきちんとせりふを覚えているのに、合間には誰かと絶え間なくおしゃべりして現場の雰囲気を盛り上げてくれるんです。完璧過ぎるので、実はどこかでミスをしないかなと思っていました(笑)」と、ジョークをまじえて先輩を大絶賛。生田が「よくできた後輩で…」と菊池を褒め返すと「よく言われます(笑)」と答えるなど、初共演とは思えない息の合った掛け合いを見せていた。生田が「物語が進むにつれ、圭佑と吉丸家に居座る仙川がパートナーのような存在になっていきます」と語った、菊池との名(迷)コンビぶりも見どころになりそうだ。

 “自身の脚本家人生を描くのは本作が最初で最後”という福田氏は、「自分が思っている以上に実体験が反映されている」と明かし、完成した1話を観た感想を「現場の撮影を見てとてもうれしくなり、さらに面白がりながら書かせていただきました。映像になった出来上がりを見て楽しかった! 素晴らしいドラマです!」と語ってニッコリ。また、「“楽しいんだけど胃が痛い”という当時の記憶がよみがえるシーンがたくさんある、初めての体験です。プロデューサーに『明日までによろしく』と、ひとり取り残されたシーンの生田さんの顔を見たときは(自分の経験を思い出すようで)つらくなりました(笑)」と、語った。

 そんな福田氏の分身ともいえる圭佑を演じる生田は、「生みの苦しみを体感させていただきました。でもそれを福田さんがポップに明るく楽しく書いてくださっているのがこのドラマの魅力です!」と語っていた。

 さらに、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、菊池主演のオリジナルストーリー『書けないッ!? スピンオフドラマ ~大学生 仙川俊也の筋書きのない人生~』を配信することが決定。本編と同じく脚本を手掛ける福田氏が「1話15分、全4話ながら、本編に引けを取らない内容の濃さ」と自負。主演の菊池も「実は一番いろいろな人と関わっている仙川を魅力的に書いてくださった、愛を感じた15分×4話です!」と、自信をのぞかせていた。スピンオフは、本編放送開始後から配信がスタートする。

オリコンニュース