お得感弱く苦戦? イート食事券、県内9割売れ残り

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 政府による飲食業界の支援策「Go To イート」のプレミアム付き食事券は、本県での販売が低調だ。よりお得な県発行の飲食券などに人気が集中し、昨年末時点で販売予定枚数(500万枚)の9割以上が売れ残っている。販売期間は今月末から2月末に、利用期間は3月末から6月末に延長する方向で調整されており、今月中にも正式決定する見通し。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1124 文字 / 残り 961 文字)

同じジャンルのニュース