「新スタジアム、外旭川に」 早期整備へ秋田市に要望書

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
要望書提出後、取材に答える尾形会長(左から2人目)
要望書提出後、取材に答える尾形会長(左から2人目)

 サッカーの秋田県協会(尾形隆会長)と秋田市協会(竹本文廣会長)が14日、秋田市に外旭川地区への新スタジアムの早期整備を求める要望書を提出した。尾形、竹本両会長ら協会役員計4人が市役所を訪れ、穂積志市長に手渡した。

 要望書では、新スタジアムが「新しいまちづくりの核となり、救世主となる。秋田市が進める『スポーツによる都市の魅力向上』に必ず役立つ」と強調。新スタジアムを本拠地とする予定のJ2ブラウブリッツ秋田の躍進(昨年のJ3優勝)ぶりも併記した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 894 文字 / 残り 670 文字)

秋田の最新ニュース