大仙市、サケの卵を無償提供 震災以降不漁の岩手・宮古市へ

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大仙市は、友好交流都市の岩手県宮古市にサケの卵35万個を無償提供した。同市では東日本大震災以降、サケの水揚げ量が減少傾向にあり、卵の確保が困難となったことから大仙市が支援を申し出た。

 サケは宮古市の特産で、長年ふ化放流に取り組んできた。同市によると、水揚げ量は2009年度に225万匹だったが、19年度は約18万匹と記録的不漁となった。20年度はそれ以上に厳しい状況にあり、ふ化放流のための採卵計画を維持するのが困難になっているという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 591 文字 / 残り 369 文字)

秋田の最新ニュース