ジャンボ枝アメに願い込め 大館市、児童生徒が飾り付け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ミズキの木にあめ玉を飾り付ける児童ら
ミズキの木にあめ玉を飾り付ける児童ら

 秋田県大館市の小正月行事「大館アメッコ市」(2月13、14日)で、会場のおおまちハチ公通りに飾られるジャンボ枝アメ作りが14日、同市比内町の比内支援学校(114人)で行われた。全校の児童生徒が参加、高さ約4メートルのミズキの木2本にピンク色のあめ玉約千個を飾り付けたほか、「おいしいお菓子が食べたい」「元気に過ごしたい」などと願いを書いた短冊を取り付けて完成させた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 563 文字 / 残り 379 文字)

秋田の最新ニュース