日立金属の売却先、3社を軸に 米ファンド、投資機構も出資模索

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日立製作所本社が入るビル=東京都千代田区丸の内
日立製作所本社が入るビル=東京都千代田区丸の内

 日立製作所が上場子会社、日立金属の売却先について米投資ファンド3社を軸に検討していることが15日、分かった。3社はベインキャピタルとカーライル・グループ、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)。外資への技術流出を警戒し、官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)なども3社いずれかと共同での出資を模索するとみられる。

 日立金属は日立グループの主要企業で、売却額は数千億円規模になる可能性がある。日立製作所は成長の柱とするデジタル分野に関連の薄い事業を再編している。日立金属の売却もその一環で、入札手続きを進めている。