ドコモかたり「動画サイト料金未納」、30万円だまし取る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田中央署(資料写真)
秋田中央署(資料写真)

 秋田中央署は15日、秋田市の20代男性が架空請求詐欺の被害に遭い、現金約30万円をだまし取られたと発表した。

 署によると、男性は14日、携帯電話に実在しない「NTTdocomoカスタマーサポートセンター」から「利用料金に関する訴訟最後通知のご連絡です」などと記載されたショートメッセージが届いた。連絡先に電話をかけると、男から「有料動画サイトの利用料金未払いがある。裁判にならないためにも料金を支払え」と要求された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 348 文字 / 残り 139 文字)

特殊詐欺という犯罪についていま一度多角的に捉え直しています

秋田の最新ニュース